ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「熊にビビる おじさんフライフィッシャー」
9/22の8:00に釣友と待ち合わせ。
気温は低めで若干寒い感じでのスタートとなった。
今回の釣行は源流部、及び、中規模渓流(里川含む)の予定である。
タックルは6'6''#3のショートロッドを源流部用として、8'0''#4を中規模渓流と里川用に準備した。
今回は本流用の#5-#6ロッドは自宅待機です。
中小規模の渓流とは言え、40cm超も居るため、フライは18番のドライ〜6番のマドラミノーまで幅広く持って行く。

三陸側から岩手に入る。
もちろん気仙川沿いを走ります。
上流方面に向かうと流れの緩い場所では驚く程のライズが見られます。
かなり上流部に差し掛かったところで休憩、川に架かる木製の橋、橋と言っても人ひとりで渡るのがやっとです。
その場で上流側、下流側をしばし眺めていると魚影は沢山見られる。
下流側ではダポンっと大型のライズも見られる。
しかし、渇水気味だから釣るのは厳しい状況ですね。
さらに上流になる源流部まで走ってみたが、渇水が酷く断念した。
ここから峠を越えて遠野に入る。
渇水の状況を見るために下見をする。
早瀬川、小烏瀬川下流から中流、琴畑川、小烏瀬川上流、猿ヶ石川上流を見たが、平年よりは少な目であるが大丈夫そうだった。
そのまま実家に行き、荷物を置く。
母親が「今年は、熊が多いから気をつけろ」と言う。
毎年、帰省するが、毎年同じ事を言われる。
なので百も承知ですよ、母上。
お茶と漬物を食べて友人のショップへ行くことにした。
これ以上、熊談義で脅されては連れがビビッてしまうと思った訳よ。
そんで友人のショップに行くと、飾ってある魚の写真を指さし、「このデカイ魚を釣った人なんだけどさ」と何やらワケアリのような話出しで始まった。
概要を言うとだ、釣った人はいつもデカイのを釣ってくるらしいのだが、それは普通の人は分け入らない場所に行くからなのだそうだ。
具体的に場所も聞いたが、私はとてもじゃないけど「行きませんっ」と言うような場所でした。
ある日、その人(Aさんとしよう)は釣りをしていて熊に背中をガリっとやられて大怪我をしました。
ところが完治すると「な〜に、熊に遭う確立なんて宝くじみたいなもんさ」なんて言っていたそうです。
そして今年、とうとう行ってはいけない場所に踏み込んだようです。
釣りをしていたら対岸に小熊が居たんだと。
その小熊を追いかけるように母熊が視界に入ってきたらしいのだが、さすがにヤバイと思って後ずさりで非難しようとしたようです。
ところが静かに歩いていた母熊が、人の気配に気づき「ギロッ」っとAさんの方を見たそうです。
その途端、猛ダッシュで襲い掛かってきたらしく、顔に一撃を食らわされ・・・
目玉が吹っ飛び、顔の肉をエグられたそうです。
ヘリで医大に搬送され一命は取り留めたようですが、失明は逃れられません。
無いのだから。
また、この話をしているショップの友人の表現がリアルなことと言ったらない。
正直、「ギロッ」って私を見た時、ドキッとしてしまいました。

肝心の釣り情報ですが、源流部でもプールがあれば大型マドラーミノーにガバッとくるらしい。
なので源流のフライセレクトは小さいかデカいかの両極端がお勧めとのアドバイスを貰った。

ところが

翌日の釣りは朝4時起きで行きましたが、案の定、ビビリすぎ。
前日の土曜日に結構釣り人が入っていた事も影響してか、釣果は集中できずにいまひとつ。(笑)
釣れなかった訳ではありませんが、集中していないから何回逃げられたことか。

とにかくビビリ過ぎの一言でした。ハハハ



もちろん通常の熊対策はやりましたよ。
・到着したら車のクラクション鳴らす。
・釣り支度中は車の窓を開けて音楽をガンガン鳴らす。
・タバコの煙を流す。
・熊鈴も響きが良いものに交換して藪を歩く場合は鳴らし、川が近づいたら鳴らないようにする。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-25 21:03 | 釣り日誌編 | Comments(0)
●民主党代表選立候補者による討論会で
野田首相は日本経済について「復興需要に支えられ、2%以上成長できる状況だが、海外の下振れ要因もあり、気を抜くと失速の可能性もある」と指摘。「その(補正編成の)時期も含めて検討しなければならない。中身は立地補助金、グループ補助金などは需要がある」と語った。「ベースは日本再生戦略で、(その柱となる)グリーン、ライフ、農林水産、中小企業などの分野に軸足を置きながら、来年度の予算編成をするが、その前に前倒しする必要が出てくるか、その中身をどうするか、これから精査していきたい」とした。

(記事ここまで)
何を言っているんでしょう。
「復興需要に支えられ、2%以上成長できる状況」って、民主党が批判している「公共事業に支えられ」と読み取れる。
復興需要って公共事業にニアリーでしょ。
それに支えられて成長していると認識しているなら、震災復興事業として公共事業を大型化すればいいじゃない。
だって需要があるのだから、資金を集中させても良い訳でしょ。
そうすれば成長率も上向くじゃないの。
んでだ!上がらないのは「海外の下振れ要因」だと言いたげな所が気に入らない。
自分の力でどうにか成長させようとするのではなく外国の景気が悪い事に転嫁しているように見えます。
なんとも他力本願な首相ですこと。
一国の総理が自国では何もしない、被災者が自発的に需要を創出しているだけであり、外国の景気が悪いからと言い訳を言うのは総理としてどうでしょう。
責任を放棄した無責任ではないでしょうかね。
政権交代して自民党の公共事業(耐震化など)を大幅削減しておいてさ、震災復興のおかげで成長できる状況だと分析するのはどうよ。
そして、相変わらずの「日本再生戦略」なる抽象論だけのイメージ戦略かよ。
今、政府の財政支出である復興需要(公共事業)で支えられているのに増税など緊縮財政を行うとは言っている事、現実、やろうとしている事が全て矛盾している。
理解できていいないのか?
言わされてるから矛盾に気づかないのか?
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-21 00:34 | 時事ネタ | Comments(0)
<米国>量的緩和第3弾 資金供給枠は月3兆円
【ワシントン平地修】米連邦準備制度理事会(FRB)は13日まで開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、市場から住宅ローン担保証券を追加的に買い取り、大量の資金を供給する量的緩和第3弾(QE3)に踏み切ることを決めた。買い取り規模は月額400億ドル(約3兆円)。即日実施し、雇用市場が改善するまで継続するとしている。失業率の高止まりなど米経済の回復は鈍く、追加措置で市場金利の低下を促し、減速懸念が高まる景気の下支えを図る狙いだ。
 米国経済は年明けから回復ペースが鈍化しており、12年4〜6月期の実質経済成長率は1.7%と低い水準にとどまっている。8月の雇用統計でも失業率は8.1%と、長期間にわたり高止まりし、11月の大統領選でも経済問題が争点に浮上している。バーナンキ議長は8月の講演で「労働市場の改善はいら立たしいほど遅い」と不満を表明していた。
 FRBは08年9月のリーマン・ショック後、急激な景気の落ち込みに対応して政策金利をほぼゼロまで低下させる事実上のゼロ金利政策を実施後に市場から大量の国債などを買い入れる量的緩和(QE)を導入し、10年3月まで約1.7兆ドルの資産を購入した。
 10年11月にもデフレ懸念の高まりなどを受けて量的緩和第2弾(QE2)に踏み切り、11年6月までの8カ月間に6000億ドルの国債購入を実施した。
 量的緩和についてはインフレ懸念を高めるなどの副作用が指摘され、委員の間に慎重姿勢もみられたが、安定的な雇用回復の達成には「非伝統的」とされる措置も活用しての景気刺激が必要と判断したとみられる。
 FRBがQE3に踏み込んだことで、米金利の低下を見越して市場では一層のドル安・円高が進むことも予想される。18、19日に金融政策決定会合を開く日銀も、追加緩和策に踏み込むかどうか判断を迫られそうだ。


(記事ここまで)
FRBは早いね。悪化してからではなく、悪化の傾向が見えた途端に対策を打つ。
FRBは民間ではあるが、日本で言えば日銀に相当します。
住宅ローン担保のリスクが民間銀行から政府系に移るわけですから、信用度が上がるでしょうし、住宅ローンの借り換えなどで新たなリスクを民間が負う事から開放されるでしょうから借り換えもスムーズになる。
つまり、アメリカでは雇用が減っている建設業にとってプラスに働くって事でしょう。
建設業に雇用改善効果が出ます。
アメリカは失業率の高さ(今は8%台かな?)を改善してこようを増やし金融業も活性化させて経済を回そうと踏み出したのですね。

さて、日本はどうか?
アメリカのQE3によりドルの量が世界的に増加します。世界の基軸通貨ですから。
となると対円で安くなりますから円高が進むことになります。
ついこの間まで78円台をつけていた円が本日77.76円をつけています。
政府と日銀は、また放置もしくは焼け石に水程度でお茶を濁すんでしょうか。
まさかの放置じゃないよね。
戦後最高の円高を記録しようなんて思ってないよな。
現政権と現日銀総裁のタッグでは心もとない。
円もそろそろ量的緩和の時期に来ていると思うんですがね。
安倍元首相は政府と日銀の協調や量的緩和策に言及しています。
自民党総裁候補者で、ちゃんと理解して論じているのは安倍晋三氏だけでしたね。
石破氏は小泉政権張りの改革路線だから維新の会に近い発想です。
構造改革路線はデフレ下でやるなと言いたい。
最近メディアは「石石対決」のようなニュアンスで流しているが、都知事の息子は有り得ない。
いづれは総理になると考えると「安倍>>>石破>町村>>林>>>>>石原」ですね。
「デフレ問題」について造詣が深い麻生元総理や西田参議院議員が支持する安部元首相がダントツです。
しかし、議員は負けそうな候補者に付くと、表舞台から去る事になるから政策と無関係で勝ちそうな人に対して投票行動を引き起こすから信じられない。
維新の会も国政としてはノーだが、新しい発想など刺激としてはアリかもしれない。
新しい発想が常に正解でもないので一部良いところを採用するための刺激としていい。
でもバリバリの改革路線なのが気に入らない。
供給サイドを引き上げれば需要サイドが延びるとの発想でしょ。(小泉・竹中チックでしょ)
デフレ下では当てはまらないよ。
簡単に考えても所得減り続ける中で企業が沢山のモノを市場に流してきても買いますか。
買わないから貯蓄に回り国債に回るから長期金利が0.8%なんて低金利な訳でしょ。

話が反れてきた。
とにかく今回のアメリカFRBのバーナンキ発言を受けて政府日銀も動けって。
早く!早く!
いつものように「too late」になっちゃうよ。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-14 13:01 | 時事ネタ | Comments(0)
「日本再起。」安倍晋三元総理 総裁選出馬表明記者会見

皆様、安倍晋三です。私は自由民主党総裁選挙に、立候補いたします。
 まず初めにこの3年間、野党のリーダーとして大変困難な状況の中で、ご苦労をされました谷垣禎一総裁に心から敬意を表したいと思います。
 私は6年前、皆様からご期待を頂き総理に就任をいたしました。病気のためとはいえ、突然総理の職を辞する結果となりました。国民の皆様、党員の皆様に心からお詫びを申し上げます。私はこの5年間その責任をどう取るべきか、ずっと考えてまいりました。昨年発災した東日本大震災は今を生きる私たちにとって、忘れえぬ出来事でありました。今でも34万人の方々が仮設住宅などで、不自由な生活を余儀なくされています。
 今こそ、政治のリーダーシップで、オールジャパンで、全ての力を結集して復興に力強く、取り組んでいかなければならない。まったなしであります。この震災はつらい経験ではありましたが、私たちにとって守るべき価値とは何か、大切なことは何か、大切な価値とは何かを学ぶことができました。それは大切な家族を守ることであり、いとおしい故郷を守ることであり、私たちにとってかけがいのない、この国祖国日本を守ることであります。
 現在、私たちの美しい海や領土が侵されようと、脅かされようとしています。また、長引くデフレ・円高によって経済は低迷し、若い人たちは未来に夢や希望が見いだせないでいます。今この日本の危機にあたり、全身を投げ打って立ち向かえとの同志の声に応えていく決断をいたしました。
 まずは、日本の領土・領海を何よりも日本人の命は断固として守る。このことを宣言したいと思います。そのためにも戦後体制の鎖を断ち切り、憲法改正に取り組まなければなりません。そのための橋となる国民投票法は安倍政権で成立させました。今こそこの橋を渡って、私たちの手で憲法を作るときを迎えています。待ったなしであります。まずは、改正条項である96条(日本国憲法の改正の手続き)の改正に取り組みたいと思います。国民の半分以上が憲法を変えたいと思っても、たった3分の1をちょっと超えた国会議員が反対をすれば、国民はその意思すら表明できない。これはおかしい。国民の手に憲法を取り戻すことから始めなければなりません。
 次に社会保障、そして経済についてお話をさせて頂きたいと思います。私たちは年金、医療、介護、伸びていく社会保障の給付に対応するため、大切なセーフティーネットを安定的なものにするため、3党合意を行い税と社会保障の一体改革を進めていくことになりました。この中身を進めていくことは当然のことであります。同時に強い社会保障制度とは、民主党が言っているようにできもしない給付を約束することではありません。その給付を確実なものにする強い経済を手に入れることこそ、強い社会保障制度につながっていきます。
 消費税を引き上げていく前に、デフレから脱却をして経済を力強い成長軌道に乗せていく必要があります。政府と日本銀行が政策協調を行い、大胆な金融緩和など、政府日本銀行一体となってデフレ脱却のために政策を総動員していく必要があります。2〜3%の緩やかな安定的なインフレを達成する必要があります。
 まあ、しかし中々、今の段階で企業の投資は起こらない、消費も出てこない中においては、子供たちの命を守る安全を守るための公共投資、地域にとって成長の糧となる、未来への投資となる公共投資は行っていくべきであろうと、こう思います。その上において、経済を力強く成長させていかなければなりません。自民党が政権を取ったら直ちに、日本経済再生本部を設立し、英知を結集し、成長戦略を新しい成長戦略をつくり実行してまいります。
 成長のカギはイノベーションです。新しい技術、新しいビジネスアイディア、創造的な取り組みであります。このイノベーションに国家資金を戦略的に投入していかなければなりません。そして、世界から投資が入ってくる。人材が入ってくる。あるいは女性や、お年寄りや、若者や、障害者にとってハードルのないオープンな経済や、社会をつくっていくことが求められています。
 安倍政権当時、名目GDPは530兆円でした。税収は51兆円、株価は1万8千円を超えました。21世紀に入って最も高い水準でありました。その結果、プライマリーバランスは6兆円まで改善をいたしました。つまり、成長によって財政再建に向かって進んでいく。成長は財政の健全化に資するということであります。そもそも、成長をして行こうという精神を失った国には未来はない、こう思うわけであります。
 私は政権を担い、総理として様々なことを学びました。この経験を国民のために生かし、国難に立ち向かっていきたいと思います。
 今日本はたそがれを迎えているという人がいます。そんなことはありません。日本には可能性が満ち溢れているのです。今、私たちが何をするかにかかっています。私たちのリーダーシップにおいて日本は間違いなく輝ける新しい朝を迎える、これが私の確信であります。どうもご清聴ありがとうございました。


(記事ここまで)
ポイントはこのくらいある。

「政府と日本銀行が政策協調」
「2〜3%の緩やかな安定的なインフレ」
「今の段階で企業の投資は起こらない、消費も出てこない中においては、子供たちの命を守る安全を守るための公共投資、地域にとって成長の糧となる、未来への投資となる公共投資」
「安倍政権当時、名目GDPは530兆円でした。税収は51兆円、株価は1万8千円を超えました。21世紀に入って最も高い水準でありました。その結果、プライマリーバランスは6兆円まで改善をいたしました。つまり、成長によって財政再建に向かって進んでいく。成長は財政の健全化に資するということであります」

あと河野談話に関しても誤解を受ける談話を破棄して新たな談話を出す必要があるとも発言してました。

今の日本において、これだけ的確に問題を指摘し、対策も簡潔に述べられた候補者は他に居ませんでした。
報道ステーションで各候補者の政策を一覧化して比較できるように放送されています。
それと今回の出馬記者会見での発言を見る限り、安倍元総理しかいないと私は思います。
他の人も民主党代表戦の候補者を見ても、必ず「なんだかな〜」って部分やあやふやに濁す発言が目立つ。
的確に日本の問題と対策を簡潔に発言した人は居ませんでしたね。

政府と日銀の政策協調、これは円高と株価への対策ですよね。
量的緩和策も視野に入れた協調の重要性です。
片手落ちでは効果はゼロに近いものでしょう。
量的緩和で供給する資金を将来世代への公共投資や地域企業が成長する糧になる投資に流す事を考えておられるんだと思います。
市場に資金を供給しても使うアテがない場合、ダブついた資金は投機に回るのが世の常です。
経済が活性化せずに物価だけが上がるスタグフレーションに陥る。
しかし、震災復興や耐震化など公共事業に流せは失業している被災地の人も復活してくるでしょう。
首都直下型や東海の今後、起こるであろう震災に備えるのは当然です。
だいたいさ、台風や豪雨や地震もなく穏やかな流れの川や山がちでない地形のフランスと同 じレベルの公共事業費っておかしいでしょ。
どのような自然環境に住んでいるんですかって話だ!
それと2〜3%の緩やかなインフレも必要です。
デフレ下では民間企業は投資できませんが、インフレ気味になれば投資効果も上がるので投資が始まるでしょう。
必要なところに資金が回ればバブルは起きない。
余りだすと危険ですね。
また、安倍政権時代にGDPの名目成長が財政再建に貢献する事も証明されていました。
なのに現政権は増税で再建しようとする愚策ばっかりでした。
プライマリバランスを改善したのは小泉政権、安倍政権あたりが有名ですが、両名とも増税はしていませんよね。
名目成長させてから増税しないと増税の効果が得られない事を理解している首相がいいね。
なにも一生、増税はダメだなんて思っていないのだから。
やる時とやる環境が大事でしょう。
外交手腕に関しても北朝鮮との拉致を認めさせた功績を含め安倍政権の功績をガサッと言えば

たった就任3ヶ月で、教育改革と防衛省昇格
企業側に非正社員の社会保険と厚生年金の適用を認めさせた
福祉と子育て手当てとフリーター自立支援を予算に設けつつ、国債を減らして財源建て直し
北朝鮮制裁を強化して朝鮮総連をガサ入れ、パチンコ屋を税務調査の波状攻撃で締め上げ
貸金規正法を改正してグレーゾーン完全廃止で悪徳サラ金業者を締め出した
「女系天皇容認」を白紙に戻した
日本海を平和の海に改名しようと提案した当時の韓国大統領の要求を拒否
人権擁護法案を凍結し外国人参政権から日本国民の言論と表現の自由を守った
教育の疑問点だった「ゆとり教育」の見直しを明記した
中国への武器輸出禁止解除反対をEUに働きかけた
在日や凶悪犯罪を取り締まる共謀罪成立に全力をあげた
慰安婦像撤去活動にも尽力した

人によって良し悪しの判断は異なるでしょうが、就任期間のたった1年でやったんですよ。
最近の近隣諸国の動きから考えても安倍元首相しかいないでしょ。
ハイ
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-13 13:03 | 時事ネタ | Comments(0)
●自民・安倍氏、華麗なる大応援団!津川雅彦、奥田瑛二ら大物俳優も
 自民党総裁選(14日告示、26日投開票)への出馬を検討している、安倍晋三元首相に5日午後、政治評論家の三宅久之氏や、評論家の金美齢氏ら民間人有志が、「国家的危機を乗り越えるには、安倍総理の再登板しかない」として、檄文(げきぶん)を手渡す。有志の中には、俳優の津川雅彦氏や、奥田瑛二氏も名前を連ねている。「三つどもえの戦い」とされる総裁選だが、地方の党員票や国会議員票にも影響を与えそうだ。

 緊急声明(檄文)は、「今、わが国は内外の危機にさらされ、幕末と同様の国家的危機にある」という書き出しで始まり、事実上、「次期首相」といえる次期総裁の条件をこう記している。

 (1)周辺諸国の挑発外交に歯止めをかけながら、日本の国益を追求するという、強さとしたたかさ、バランス感覚を兼ね備えた外交をできる。

 (2)民主党政権3年間の「素人政治主導」により混迷する国政をすみやかに回復できる。

 (3)その場しのぎ、場当たり的な、古い政治に決別して、明確な国家観に基づいた新しい政治ができる。

 (4)「平成の保守再編」の旗頭となり得る。

 そのうえで、安倍氏に対して、「国難の今、もはや過去にこだわっているべき時は過ぎた。日本の国力がこれ以上損耗する前に、一刻も早い再登板が必要だ。今こそ国家国民のために、堂々と再起を宣言されることを、強く願うものである」と呼びかけている。

民間人有志には、元慶應義塾長の鳥居泰彦氏や、京都大学の中西輝政名誉教授、上智大学の渡部昇一名誉教授、埼玉大学の長谷川三千子名誉教授らの学識経験者に加え、初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏、元駐タイ大使の岡崎久彦氏、元航空幕僚長の田母神俊雄氏、作曲家のすぎやまこういち氏、俳優の山本學氏など、幅広い分野の人々がそろう。

 発起人代表の三宅氏は「中国や韓国の動向を指摘するまでもなく、日本は国難にある。これから総理を勉強するのでは間に合わない。総裁候補の中で、安倍氏は国家観もブレず、外交・安保の軸もしっかりしている。官僚の壁とも闘ってきた。持病(潰瘍性大腸炎)も特効薬が認可され万全という。次期首相に最も適任だ。総裁選告示後、安倍氏を応援する国民集会を開き、全国遊説にメンバーが同行する」と語っている。

(記事ここまで)
最後に書かれている発起人代表の三宅久之氏の言葉が全てを物語る。
今から総理の勉強をするのでは間に合わない危機的状況にある外交
総理時代の官僚とのせめぎ合いの末の法案可決(どっかの官僚言いなり政権とは違う)
日本人としての国家観もしっかりしている。
民主党政権で成立してしまった増税法案に対しても名目成長しなければ増税効果が無い点を指摘している点も良い。
安倍政権での法案の成立は5年分くらいを2年に凝縮したくらいの数です。
がんばれ!安倍さん

参考までに安倍政権での功績
■安倍政権の功績
□国債発行額25.4兆円(2007年度予算)
□再チャレンジ試験(国家公務員中途採用者選考試験)
□雇用対策法改正(年齢差別禁止義務化)
□パート労働法改正(均衡待遇)
□教育基本法改正
□教育改革関連法(脱ゆとり、教員免許更新制度など)
□社会保険庁解体法
□年金時効撤廃法
□国家公務員制度改革法(天下り禁止・人材バンク化)
□防衛庁の省昇格
□海洋基本法
□日豪安全保障宣言(日米豪印の関係強化)
□国民投票法(憲法改正準備)
□北朝鮮経済制裁(国連で日本主導)
□地方分権改革推進法
□道州制特区推進法(北海道特区)
□攻めの農政(中国へコメ輸出開始、「担い手」支援)

安倍政権ではないが小泉政権で北朝鮮に拉致を認めさせたのも安倍氏の功績だよ。
他にもいろいろしたたかに外交してたよね。
日本では報道されませんがね。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-08 17:23 | 時事ネタ | Comments(0)
●フィッチが韓国の格付け引き上げ、日本上回る
大手格付け会社のフィッチ・レーティングスは6日、韓国の国債格付けを「A+(シングルAプラス)」から「AA-(ダブルAマイナス)」へと1段階引き上げ、「A+」の日本を上回った。韓国の格付けが日本を抜くのは初めて。

 フィッチによる格上げは、先月27日にムーディーズ・インベスターズ・サービスが韓国の格付けを過去最高の「Aa3(ダブルA3)」に引き上げてから10日後の出来事だ。AA-はフィッチの格付のうち上から4番目で、ムーディーズのダブルA3と同クラスに相当する。フィッチの格付けでは、韓国はA+の日本、中国を1段階上回ることになった。

 世界の3大経済大国である日本は、1990年代後半まで信用格付けが最高評価の「AAA(トリプルA)」だったが、長期不況により、格付けがA+まで4段階低下した。これに対し、韓国はアジア通貨危機直後の格付けが「投機的」(ダブルB以下)と分類される「B-(シングルBマイナス)」まで引き下げられたが、14年8カ月かけ、格付けを12段階上げた。

 フィッチは格上げの理由について、韓国は欧州財政危機などの不安な対外環境の中でも安定的な経済成長を達成しているほか、政府財政の健全性も高い点を挙げた。フィッチは「健全財政の基調が維持され、政府債務が減少すれば、今後さらに格上げを上方修正することが可能で、高齢化による財政負担も避けられる」と指摘した。

 一方で、北朝鮮が突然崩壊した場合などには、格付けを下方修正することもあり得るとしたが、その可能性は非常に低いと指摘した。
 企画財政部(省に相当)の崔鍾球(チェ・ジョング)国際経済管理官は「主要国の信用格付けが引き下げられる中で、格付け会社2社が韓国の格付けを引き上げたのは極めて異例だ。ムーディーズとフィットが韓国の格付けを、信用優良国家を示すAA(ダブルA)に引き上げたことは、韓国が経済先進国として認められたことを示すものだ」と評価した。

(記事ここまで)
相変わらず格付け会社は何を見て判断しているんでしょうね。
いつもの事ですが!
であれば日韓通貨スワップ協定も不要でしょ。
韓国の要望で資金枠も拡大してきたのだから、日本としては大きなメリットも無い。
日本も、もういいんじゃないのか。
日韓通貨スワップなんぞ、それこそ体裁を通貨スワップにしただけで、実際は日本から韓国へのODAと一緒じゃん。
発展途上国ではない先進国へODAはできないから通貨スワップなんぞというお題目でやってきたのにね。
民主党の次期マニフェストも外国の国債を買うような雰囲気出してるし。
先月、韓国の国債を買うと言ってましたね。安住財務相は!
これまた資金の貸付じゃないかって。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-08 17:15 | 時事ネタ | Comments(0)
●民主マニフェスト「日銀による外債購入」 素案で明記
民主党の政策調査会は5日、全議員を対象にした経済財政・社会調査会(会長・仙谷由人政調会長代行)を開き、次期衆院選マニフェスト(政権公約)の素案を提示した。円高是正やデフレ脱却への対応として、政府と日銀が政策協定を結ぶ方針を示し、「日銀による外債購入」との文言を盛り込んだ。円とドル・ユーロ以外の通貨との直接決済や、円建て決済・アジア通貨建て決済を促進する方針も示した。
 今回のマニフェスト素案は「たたき台」の位置付けで、本格的な議論は21日の代表選後の新執行部に委ねる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕


(記事ここまで)
ねーねー、この記事の意味する民主党マニフェストって何言っているかわかります?
「日銀による外債購入」についてです。
簡単に言えばこんな感じ。

日銀が通貨(円)を供給する。
円を外貨に両替(たぶんウォンと元だね。以前から両国の国債購入を宣言してますから)
その外国の国債を買う。
つまり、その外国に金を貸付る事です。

記事で「ドル・ユーロ以外の通貨」って、民主党の流れから見て間違いなく中国と韓国でしょう。
わざわざ国内の復興や国土強靭化に使える円を国内に流さずに貸し出すって言うんですよ。
しかも、最近の大統領上陸で問題になった国に対しても。
むしろ通貨スワップ協定の停止すべきな時期なのにです。
わかった、民主党はこの寸法で通貨スワップ協定の白紙化の代替案として資金を流す訳だな。
本来、日銀が通貨供給するなら政府は雇用(耐震化、防災などの公共事業)を生み出して、そこに流すべき資金となり得るものでしょう。(それがデフレ脱却に向かう)
ついでにアジア通貨建て決済ってさ、どこの国のでしょう?
日本の円は国際決済通貨ですから、円以外を指すね。
たしか、元の決済を増やしたいと中国は言ってましたよね。
これを支援したいとも言っているんでしょうね。

もういいや民主党は!

笑うしかない。
ってか、笑えない。

もう、安倍さん、石破さん、町村さんタッグ組んでよ!
都知事の息子と現自民党総裁と裏で動く長老は、い・ら・な・い。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-07 12:49 | 時事ネタ | Comments(0)
安倍元総理「新経済成長戦略勉強会」冒頭あいさつ

『私はこの度、代表世話人を引き受けることになりました。安倍晋三でございます。もとより浅学非才の身ではございますが、ただ今発起人を代表して、三原じゅん子先生に、会の趣旨をご説明いただきました。私が言いたいことのほとんどを、元気よく優雅にご説明を頂いたわけでございますが、この趣旨に則って、私も皆様とともに、全力を傾けて参りますので、どうぞよろしくお願い申しあげます。
 そして、今日は急なお願いにもかかわらず、梅澤高明さんには日程をやりくりしていただきまして、ご講師をお引き受けいただきました。大変有意義なご公園講演をいただけるのではないかと、楽しみにしている次第でございます。本当にお忙しい仲ありがとうございました。
 さて、自由民主党はこの国会におきまして、伸びていく社会保障給付・年金・医療・介護、伸びていく社会保障給付に対応していくために、そしてセーフティーネットをしっかり守っていくために、さらには財政健全化に資するために、民主党政権の主要な政策課題である、税と社会保障の一体改革に対し、我々は野党という立場ではありますが、その成立に協力したわけでございます。我々は政局ではなくて、国民と国家のために正しい判断をした。これは今でも私達の確信であります。
 しかし一方、日本を取り巻く空気は毎年毎年収入が下がっていくというデフレ経済下にある。そしてまた、景気が低迷する中において、再来年消費税が上がっていく事に対する不安、あるいは円高が進行する中において、製造業はその生産拠点を海外に移すべきかどうか、その判断を迫られ、それによる雇用の不安が広まっているわけでございます。さらには中小零細企業を取り巻く環境は、厳しい状況が続いているのであります。平成19年513兆円であった名目GDPは、今470兆円台になっています。また、当時51兆円であった税収は、今40兆円の前半であります。名目経済をしっかりと成長させていかなければ、せっかく我々が苦労して消費税を上げたにも関わらず、ちゃんと税収が伸びていくということには繋がらないのであります。
 しかしながら現民主党政権は、まず給付ありきの政権であります。彼らはもっぱらパイを分配することに興味がある。そのパイをどうやって大きくしていくか、ということにはあまり興味が無いといえるでしょう。自民党政権時代よりも140万人以上働いている人の数は減り、一方、社会保障・生活保護給付の世帯数は増えているわけであります。我々は今こそ、自由民主党はデフレを脱却し、経済を成長させていくという、道筋を国民に示していくという大きな責任をもっているわけであります。
 日本は夕暮れに向かっていくとシニカルに評論する人もおります。果たしてそうでしょうか。それは今、私達が何をするかにかかっていると思います。この勉強会の成果によって、私たちは国民とともに新しい朝を迎える。そういう日本を作っていこうではありませんか。どうぞみなさまよろしくお願い致します。』


(記事ここまで)
いいね〜!
梅澤高明さんってのは、構造改革路線の視点で、ちょっと気になりますが・・・。
と言っても安倍元首相の挨拶において下記の発言が出る事はいい事です。

「景気が低迷する中において、再来年消費税が上がっていく事に対する不安、あるいは円高が進行する中において、製造業はその生産拠点を海外に移すべきかどうか、その判断を迫られ、それによる雇用の不安が広まっている」

「平成19年513兆円であった名目GDPは、今470兆円台になっています」

「当時51兆円であった税収は、今40兆円の前半であります」

「名目経済をしっかりと成長させていかなければ、せっかく我々が苦労して消費税を上げたにも関わらず、ちゃんと税収が伸びていくということには繋がらない」

ちゃんとデフレ不況を捉えている挨拶ですね。

安倍氏の小泉政権での功績、首相時代の功績を勘案すれば再登板して欲しい。
国民の大半のイメージはお腹が弱くてストレスに耐えられず辞任した首相とのイメージをメディアに植え付けられている事でしょうね。
過去から現在までの政治家の様々な場での発言を見ている限りでは安倍氏しかいないと思う。
問題は町村氏でしょうね。
安倍氏は首相経験者だから、次は町村氏をそろそろ首相になんて安易な発想で当選したりしてね。
派閥の長老におだてられて出馬する都知事の息子は無理でしょう。
例え派閥長老の力で当選したとしても、先々の首相としての器は無い。
親のつめの垢でも煎じて飲んでください。

よしっこうしよう!勝手に組閣
首相、安倍氏
財務、麻生氏
外務、町村氏
防衛、石破氏
あっ、防衛は小池百合子って手もあるな。
小渕優子も政務官あたりに抜擢(小渕元首相の娘ね)、いや、厚労相あたりイケるかな。
いやいや、もったいないか。もうちょっと暖めて主要ポストへって所ですね。
稲田朋美ってのもアリだな。(竹島上陸しようとして、韓国に入国拒否された人ね)
国会などの質疑を聞いていると小渕、稲田の両名はいい感じがします。
女ばっかだな!
男は?
小泉元首相の息子とか?
いやいやナイ無い!
都知事の息子は?
もっと無い無い!

知恵、知識、見識、手腕は必要でしょ。
ある時は柔軟に、ある時は強行にを使い分けれるようですから。
安倍晋三著書「美しい国」一読あれ。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-06 19:26 | 時事ネタ | Comments(0)
●民主党次期衆院選マニフェスト
消費税増税の記載見送り 民主マニフェスト素案 脱原発も曖昧な表現に
民主党の次期衆院選マニフェスト(政権公約)素案が4日、明らかになった。経済成長だけでなく豊かさの「質」を重視する「フロンティア国家」を打ち出した。ただ、消費税増税の記載は見送り、脱原発や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への対応も曖昧な表現にとどめるなど、党内融和を優先した形となった。
 素案は、フロンティア国家の実現に向けた重点課題として、子育てと生涯現役▽脱原発依存に向けたエネルギー革命▽経済成長と円高・デフレ脱却▽地域主権・統治機構改革▽環境変化に応じた外交・防衛−の5分野を列挙した。
 消費税増税は今国会で関連法案が成立したため、「将来的な政策目標にならない」(政調幹部)として不記載となった。消費税増税が次期衆院選の争点となることを避けるねらいもあるとみられる。

 脱原発依存は「早期に実現」として具体的な目標を見送った。TPPも「国益を踏まえ適切に対応する」との表現にとどめた。
 自民、公明両党による新年金制度案の撤回要求には応じず、社会保障制度改革国民会議での検討課題とした。「大阪維新の会」との連携を視野に、道州制の推進も掲げる。
 北方領土や島根県・竹島に関しては「日本の主張を世界へ明確に発信し、国民の生命と財産の安全確保に万全を期す」と強調した。
 平成21年の衆院選マニフェストの主要政策の評価も盛り込み、公立高校無償化や農業戸別所得補償は「達成」、子ども手当や年金制度改革は「未達成」と総括した。
 5日の党経済財政・社会調査会に示す。調査会では参加議員から意見聴取するが、21日に党代表選があるため、党内集約は次期執行部に委ねる。

(記事ここまで)
・子育てと生涯現役
・脱原発依存に向けたエネルギー革命
・経済成長と円高・デフレ脱却
・地域主権・統治機構改革
・環境変化に応じた外交・防衛

どっからいこうか迷いますね。
「子育てと生涯現役」からスタート
定年の引き上げ、再雇用の法整備などやってきましたね。
派遣への5年後正規採用などもね。(4年で派遣切りするね)
企業目線だと定年引上げだの再雇用だのは厳しいよ。
やるとしたら若者の雇用を減らすしかない。
そうすると子育て世代が雇用を得られない。
なんだかな!
「脱原発依存に向けたエネルギー革命」
脱原発とは発電を火力に頼る事を指しますよね。
エネルギー革命は長期スパンで実現するのだから火力しかない。
メタンハイドレートや天然ガス資源などまだまだ先の話でしょ。
燃料が国内調達できない火力を主力にするとなると、輸入に頼ります。
貿易赤字方向に作用しますよね。
世界で唯一経常黒字を継続している日本ですが、赤字になりかねない。
なんだかな!
「経済成長と円高・デフレ脱却」
だったら増税よりも緊縮財政よりも先に経済成長とデフレ脱却を叫べ。
名目成長させた方が税収上がるでしょ。
小泉政権時代に実証されているじゃん。
今までやってきた事と逆をやれば達成できるんじゃないの。
なんだかな!
「地域主権・統治機構改革」
流行の○○維新に触発されましたか。
これをやるなら外交、防衛もセットで考えないと危険でしょ。
だったら地域の権限の一部緩和の方がいいと思います。
土地の売買も地域の経済に左右されて、厳しい財政の地域は簡単に外国投資家に売ります。
それが自衛隊基地の隣でも米軍基地の隣であってもね。
水源地であってもです。
なんだかな!
「環境変化に応じた外交・防衛」
現政権の一番、素人だった部分じゃないですか。
人材不足の民主党においては重要ポストでありながら素人大臣しか出せないでしょ。
経済も疎いと発言した元首相も居ましたし。
財務大臣も素人甚だしい。
麻生政権時代の中川氏(故、元財務相)張りの人材でも居れば別ですが。
ローマでの酩酊会見で失脚しましたが、日本の存在感を世界に知らしめた政治家ですよね。
民主党では無理でしょう。
なんだかな!

なんだかんだ言って、子育ても生涯現役もエネルギーも経済成長・デフレ・円高も全て日本経済ですよ。
全てが繋がっています。
経済も外交も防衛もダメな結果が出ている(実例としてね)以上はお引取り願いたい。
どんなにバラのようなマニフェストを出しても国民は、もう信用しない。
民主党に投票した人も今では後悔している事でしょう。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-06 00:29 | 時事ネタ | Comments(0)
●<地方交付税>4兆円の支払いを延期…政府
赤字国債の発行に必要な特例公債法案の成立のめどが立たないことを受け、政府は4日に予定していた地方交付税(約4兆円)の支払いを延期した。財源不足になる時期を先延ばしするため。安住淳財務相が閣議後記者会見で明らかにした。

 交付税を配分する時期や金額について安住氏は「財政力の弱い市町村に配慮しながら検討する。今国会で法案の成立が見込めないことが確定した段階で、具体的な対応を閣議で示す」と述べ、7日の閣議で決める考えを表明した。

 9月中の交付税について財務、総務両省は、市町村分(約1.9兆円)を予定通り支払う一方、道府県分(約2.1兆円)は3分の1(約0.7兆円)に圧縮する方向で調整している。

 政府は8月31日、同法案が今国会で成立しない場合、9月以降、交付税の支払い延期を含む予算の執行を抑制する方針を示していた。


(記事ここまで)
おいおい、安住財務相さん。
野党が賛成してくれないから国民にこのような迷惑をかけるんだよって言いたいのですか?
野党が悪いんだよってスタンスですかね。

でもさ、安住財務相さん。
地方交付税の延期や圧縮する前に「政治家への歳費の支払いを停止させる」と言ってくれよ。
言っちゃあ悪いが、責任は与党なんですよ。
特例公債法が通らないのは、野党が悪いんじゃなくて(一因でもあるが)与党の責任ですよ。
なぜそれなのに地方交付税の延期や圧縮を声高々に叫ぶのでしょう。
政治家が身を切る責任があるのだから政治家への歳費の停止、圧縮、延期を叫べ。
あっ!自分も対象になってしまうから、それは言えないってか。
だから国民が真っ先にターゲットにされる訳だ。
戦後お初ですよ予算執行できない状況って。
「初」です。
良い意味の「初」(戦後初の功績とかね)ならいいが、逆ですよ。
いやいや現政権はいろいろな「初」がありますね。
震災対応でも戦後初の復興基本法案の超遅延とか、復興への補正予算の2次、3次補正送りとか「超」が付くほど遅い対応でしたね。
関東大震災でも阪神淡路大震災でも無かった事が、いとも簡単にやってのけるあたり「流石」です。(もちろん皮肉)
だから早く解散して政権交代して欲しい。
そのために野党が特例公債法に対して賛成できないのではないでしょうか。
それより解散を!と言う話ですかね。

短期債使ってでも地方へ金を出せ、それが責任だ。
政治家の歳費も停止して、浮いた予算を地方へ回せ。
何度も言う「それが責任」だ!
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-05 12:54 | 時事ネタ | Comments(0)