ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

●入札制度改革で法改正=評価基準見直し-国交 省
国土交通省は25日、有識者で構成する委員会 で、建設業界の人手不足を緩和するため、公共工 事の入札制度改革を柱とした関連3法の改正案に ついて、2014年の通常国会に提出することを 検討していると明らかにした。入札制度では、低 価格を重視する従来の評価基準を見直し、若手の 技術者の割合が高い建設業者に有利に働く基準を 設け、若者の雇用を促す。 関連3法は「公共工事の品質確保の促進に関す る法律(品確法)」のほか、「公共工事の入札及 び契約の適正化の促進に関する法律(入契法)」 と建設業法。品確法は自民党などの国会議員が、 他は国交省が改正案を提出する方針。(2013/11/25-20:42)

●今年度の税収が45・4兆円に上振れへ
企業 業績回復で法人税収拡大 平成25年度の国の一般会計税収が、13年1月 時点の見積もりより2兆3千億円程度上振れし、 45兆4千億円程度となる見通しであることが2 9日分かった。円安などで企業業績が回復し法人 税収が想定より増えるためで、全体の税収は4年 連続で前年度を上回る。 税収の上振れ分などを活用した消費税増税時の 経済対策の財政支出は5兆円台半ばになる見込み だ。 政府は12月中旬に経済対策の裏付けとなる1 3年度補正予算を編成する。低金利で国債の利払 いが想定より少なくて済むことや、12年度決算 の剰余金なども含めて財源確保のめどが立ったた め、国債の追加発行は見送る。

(記事ここまで)
入札制度改革は良い傾向ですね。
現行の一般入札制度が悪かったんだよ。
ようは一番安いところに発注する制度だから完成 した場合の品質が危うい。
だってさ、公共事業なんて毎回、必ずフルオー ダーメイドです。
品質保証が重要になるでしょ。
同じモノを作る工事なら発注先の企業の品質の良 し悪しを比較できるかもしれないけどフルオー ダーでは比較できない。
なのに、とにかく安い値をつけた企業に発注なん て論外だ。
こんなだから人件費高騰、資材高騰している中で 土建屋が安い発注額で受注できる訳もなく入札で きない。
これじゃあ震災復興も国土保全(トンネル崩落と か)も進む訳がない。
そして入札されずに余った公共事業費をムダと言 い切る馬鹿 な野党議員まで出る始末。
だから正規の発注額で土建屋が利益を出せるよう にしないとダメでしょう。
東京五輪も国土強靭化もあるのだし。
そうして土建屋が正規の金額で仕事できるように なれば雇用も増えるし法人税も増えるさ。
そこで2つめの記事になる。
リーマンショック前が50兆円前後だったがリー マンショック後は40兆円を下回った。
そして民主党政権時代は、ほぼ40兆円~42兆 円の間でしたね。
3年間でですよ。
それが45兆円の見通しだし、国土強靭化基本法 案が衆院通過した。
それに入札制度改革が進めば来年、再来年あたり にはリーマンショック前年までの50兆円規模に 回復すると思う。
50兆円ってバブル景気の始まりあたりと同額で すね。
あの時は1~2年で60兆円まで上り詰めまし た。
今回はバブルの時のように狂いはしないでしょう から順調に時間をかけて60兆円まで上がればい いとね。
まずはベース作りで50兆円を目指すべきです。
来年の増税に対する経済対策で5 兆円を出すっ て事は、その内の何割かは税収となって戻ってい くはずだ。
だから経済対策は税収に跳ね返りやすいところに 補助すべきです。
つまり、国民の消費、企業の法人税、国民所得が 税収のメインなのだから、ターゲットは、その辺 だな。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-11-30 23:20 | 時事ネタ
●「これが民主主義か」=怒号飛び交う特別委―秘密保護法案、強行採決 「数の横暴だ」「これが民主主義か」。特定秘密 保護法案が衆院特別委員会で可決された26日午 前、傍聴席からは激しい抗議の声が上がり、野党 議員らが委員長席に詰め寄った。 午前9時から始まった特別委には、法案に反対 する市民ら約100人が傍聴に訪れた。中には約40 人しか入る余裕がなく、入れ替わり立ち替わり審 議を見守った。 質疑には安倍晋三首相が出席。与党議員が「締 めくくり総括と理解して質問している」などと発 言すると、野党席から「していない」「それはな いだろう」などとヤジが飛んだ。 午前11時10分ごろ、予定の質疑が終了し、首 相が退席する。野党議員が委員長席に詰め寄り、 「数の横暴だ」「将来に禍根を残す」などと激し く抗議し、傍聴席からも「強行採決反対」と声が 上がった。「採決は無効」などと叫び、外に連れ 出される市民もいた。


(記事ここまで)
「数の横暴だ」「これが民主主義か」って、ハイ と答える。
賛成多数な訳ですから「ハイ」 当たり前じゃないの。
だって、あのヒトラーだって民主主義から誕生し た政権ですよ。
賛成多数なら決まりなんですって。
これを否定するのは民主主義を否定するのと大差 ないでしょう。
だいたいさ~、民主党政権の時なんて審議する認 めない強行採決が連続で何回あったって話で しょ。
なぜか当時のマスコミはほとんど報じなかったけ どね。
たった数時間の審議で強行採決もあった。
それに尖閣ビデオを隠してた現野党だって居る じゃん。
そしてこの特定秘密保護法案ですが 「防衛」「外交」「外国の利益を図る目的で行わ れる安全脅威活動の防止」「テロ活動防止」と明 記されている。
政治資金問題やTPP,福島原発の事故じゃないで しょ。
多少の関連はあるにせよ。
安全保障上や防衛上の弱点を公表する必要性って あるのか? ないでしょ。
反対派のコメントとか見ると法案読んでるのか曖 昧だし、誇大表現や拡大解釈が目に付く。

しかしさ~、多数決で多数を占めると「数の横 暴」と呼ぶんですかね。
もう民主主義の否定でしょ。
だったら選挙の洗礼も受けていない経済諮問会議 や産業競争力会議の民間人(民間議員)もヘンだ ろ。
自分の思い通りにならないと辞めるとか法廷に訴 えるとか。
「これが民主主義か」と叫ぶ民主党もさ、当時の 財務相が為替介入のレートを口から漏らしたじゃ ない。
聞いてて、「あっ、バカ」と思ったね。
ま~これが対象になるかどうかわかりませんが、 公表してはいけないモノっていろいろあるで しょ。
罰則くらいつけないと安易に漏らす人達が居る じゃん。
それとも、それが嫌だから反対しているのかって 話だ。
もしかしたら現に機密情報を反日隣国に流してい る人も居て、罰則を設けられては困るとか。
日本国民の税金を使って韓国の日本大使館前で反 日運動やった人を国家公安委員長に据える政党に 反対されても説得力ないし、「おまえらが言う な!バシッ」とツッコミたくもなるでしょう。
傍聴している市民ってのもプロ市民じゃないだろ うなって勘ぐるね。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-11-27 22:43 | 時事ネタ
a0028803_23512682.jpg


ひさびさにカメラのフィルターを買いました。

サーキュラーPLフィルターです。

釣りで言えば、偏光グラスでして、窓の反射や水面の反射を除去する効果がある。

ついでに青空が、より青くも写ります。

なによりも木の葉の反射と言うかテカりが抑えられるんです。

山の風景とか撮ると日光の反射で白っぽく写ってしまうのを取り除く効果が一番必要だったので。

それが激安で売られてたので衝動的に買ってしまった。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-11-25 23:56 | カメラ
●公共事業、実質マイナス提言へ 諮問会議の民間議員
政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)の民間議員は、来年度の公共事業予算を今年度よりも実質的に減らすよう求める提言をまとめた。民間資金の活用や、「ハコモノ」と呼ばれる地域の施設の統廃合などで予算を絞り込む考えを示す。提言を受け、政府は公共事業予算の編成作業を本格化させる。
 20日の諮問会議で提言する。政府は、来年度予算案での政策にかかる予算を、各省庁が要求している約75兆円から72兆円程度へ3兆円規模で絞り込むことにしている。公共事業予算についても、「例外ではない」と指摘する予定だ。
 今年度当初予算の公共事業費は5・3兆円。来年4月に消費税率を8%に上げると、国が発注する公共工事についても消費増税分の支払いが1千億円強増えてしまう。民間議員は、増税の影響分を除く公共事業の予算を、今年度よりカットするよう求める考えだ。
.朝日新聞社

(記事ここまで)
公共事業の現場は受注額が減らされているのに人件費が高騰している。
さらに減らしては業界を離れた人が、戻っても、すぐに減らされるなら戻らないでしょ。
また人件費高騰です。
震災前は1日15000円だった人件費が、今は25000円
生コンなど資材も高騰しているのにね。
消費税も来年から増税になるので、さらに資材費は高騰する。
「7千万円で受注しなければ、赤字になる公共事業の基準価格が、5千万円」と業者の人は嘆いているそうです。
それとこの経済財政諮問会議のメンバーってアノ、死亡消費税を唱えている人が参加しているヤツですよね。
死亡消費税について、こう言ってますよね。
「お使いにならないでひたすら溜め込んだ方は、消費税を払わないでお亡くなりになられて、しかもそれが、相当な金額にならない限りは、遺産相続の対象にならない。ですから、生前にお支払いにならなかった消費税を頂く」
だとさ。
そして、南海トラフ巨大地震に備え、地方自治体の津波対策への財政支援を強化する特別措置法が22日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。
こんな利益を得られないが国家の安全保障対策として必要な事業は政府にしかできない。
まさに、今の日本は公共事業を増やさなければいけない時期なのになぜ減らすのか意味がわからない。
だいたい「民間議員」って選挙で民意で選ばれた議員じゃないのだから、この呼称は問題あり。
単なる民間人であって利益にならないことには否定的なわけでしょ。
そんで最近はPFI事業と称して公共事業や公共施設の運営を民間に委ねる手法を主張してますよね。
つまり公共の施設や事業に対して民間の意向が加わるのだから安心できません。
JR北海道とかトンネル崩落とかコストが問題で事故が発生する。
確かに民間の方が効率は良いでしょうが、安全保障に関わるものに民間企業の意思で決められては困る。
国民は、その企業の責任者に失策でも責任を取らせる術はない。
議員なら選挙で落選させればいい。
これは由々しき問題でしょう。
ライフラインに関わる水道、電気、ガスや地震、津波、台風、竜巻などの防災減災対策に民間の意思が強くなる仕組みはよくない。
効率だけを追求しては破滅に向かう。
平時は無駄だが災害時は有益になるものは非効率であって当然なのですよ。

経済財政諮問会議も産業競争力会議も今のままではダメじゃないかと思う。
民間の有識者などが意見を発言するのは良いが、決定に加わるのはダメだし、政府の決定に反対するのもおかしい。
議員ではない事を自覚した上で参加すべきでしょ。
自分の思い通りに事を進めるために参加する会議じゃないよ。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-11-24 15:37 | 時事ネタ
a0028803_0303182.jpg

a0028803_0303116.jpg

a0028803_0303156.png

グロワーズカップ買ってみた。

一袋で300円くらい

一袋3杯分のレギュラー珈琲が飲める。

味見は後ほど
[PR]
by thkflyfisher | 2013-11-20 00:30 | Diary
●都市ガス全面自由化を議論 過当競争に懸念の声も
経済産業省は12日、ガス事業制度の見直しを審議する有識者会議「ガスシステム改革小委員会」の初会合を開いた。家庭向け都市ガスの全面自由化や、ガスと電力などエネルギー企業による相互参入の促進策などについて議論する。ただ、全国10社体制の電力に対し、209社ある都市ガス事業者の大半は中小事業者のため、ガス業界からは自由化が過当競争を招きかねないと危惧する声も上がる。
 「油断すれば顧客を奪われるという緊張感が市場に存在することが重要」。経産省幹部はガス全面自由化の狙いをこう明かす。この緊張感が料金引き下げやサービス多様化につながるというわけだ。初会合では、委員から「利用者の選択肢を増やすことが重要」など全面自由化の必要性を訴える意見が出た。
 全面自由化が実現すれば、ガス業界内だけでなく、電力や石油などエネルギー業界全体を巻き込んだ再編が加速し、海外企業と戦える「総合エネルギー企業」が誕生する可能性もある。実は、都市ガスの大口部門の小売り自由化は1995年から始まり、電力より5年も早かった。
 ガス事業者でつくる日本ガス協会によると、2011年度末の新規参入事業者の割合(販売量ベース)は、電力の3.56%に対し、ガスは17.0%。同協会は「ガス市場の方が自由化が進んでいる」と主張する。家庭分野は自由化されていないが、オール電化戦略を打ち出す電力各社やプロパンガス事業者との顧客争奪戦は既に激化しており、「完全自由化してもこれ以上価格が下がるだろうか」(大手都市ガス幹部)と疑問の声もある。
 また、顧客数で首位の東京ガス(東京)は約1000万戸だが、最も少ない東部液化石油(東京)が茨城県で展開する都市ガスの顧客はわずか470戸程度。10社体制の電力に比べ、中小事業者と大手都市ガス会社との規模格差は大きい。経産省は規模別に議論する意向だが、中小事業者からは「完全自由化で価格の引き下げ圧力が強まれば、経営が成り立たなくなる」と悲鳴が上げる。
 経産省は、競争を促すため、小売り全面自由化とともに、ガス管の開放などを目指す。ただ、ガス管が張り巡らされているのは関東、関西など大都市部に限られる。ある金融系のアナリストは「ガス管網が整備されないと、従来の供給エリアを越えた競争は進まないだろう」と分析する。
 課題山積のガス全面自由化。それでも、経産省の官僚として電力・ガス事業政策に取り組んだ石川和男・政策研究大学院大学客員教授はこう指摘する。「少子高齢化時代を迎えて、都市ガス事業者は多すぎる。完全自由化をきっかけに、もう少し集約すべきだ」(藤原章裕、三塚聖平)

●大阪市、水道で新会社 民営化案
大阪市は8日、現在は直営の水道事業について、市が100%出資する新会社に30年間分の運営権を売却して民営化する方針を固めた。浄水場などの資産は市が保有し、水道料金の決定にも引き続き関与する。2015年度中の移行が目標で、水道職員約1600人の大半をいったん新会社に転籍させ、将来的に1000人にまで削減する方針。自治体の水道事業民営化は、実現すれば国内初となる。
 水需要が減る中、市財政から切り離して合理化を進めるのが狙いで、11日の幹部会議で橋下徹市長が最終決定する。橋下市長は当初、大阪府内の他市町村との水道統合を目指していたが、市議会の反発で頓挫し、単独民営化方針に転じていた。
 新会社には、淀川から取水して浄化し、家庭や企業に給水するまでの事業運営を任せる。一方で、災害など非常時には行政の一定の関与が必要なことから、浄水場や配水池、配水管などの資産は市が保有し、運営権は30年間の期限付きで売却する「上下分離方式」を採用することにした。
 水道料金についても、条例改正や事業運営権の売買契約を通じて上限を決める権限を市に残す方針で、14年度中に関連議案を市議会に提出する予定だ。ただ、橋下市長が率いる地域政党・大阪維新の会は市議会で過半数に満たないうえ、他会派の反発も予想され、実現のハードルは高い。

(記事ここまで)
どう思います?
今回の記事は水道とガスですが、過去を見れば電力も同じですよね。
国民の生活に根ざしたライフラインですよ。
これを民営化して競争激化させたいんだとさ。
値下げ競争でコスト削減するしかないでしょうね。
ずさんな品質管理が始まるんじゃないかとか。
JR北海道みたいに。
コスト削減が最優先になるっしょ、民間は利益を追うんだからね。
国や自治体は巨大な非営利団体だからどうにかなった。
そもそも水、ガス、電気に付加価値はないよね。
どこに行っても、水は水、ガスはガス、電気は電気です。
民間にして付加価値をつけて競争できる代物ならまだしも。
多少の差をつけれる程度でしょ。
そして、そのコストを料金に上乗せする訳ですから国民はライフラインが絶たれると厳しい生活になるから受け入れる。
現在の電気料金を見ればわかる。
それと「もう少し集約しなければいけない」って、要は競争させて淘汰しろと言う意味ですね。
淘汰された人達は失業するのです。
コストは国民が料金上乗せで支払う。
まだまだデフレ経済なのよ、日本は。
デフレ期にやる事でしょうかね。
民営化されたから水の需要が増えるのでしょうか、ガスの需要が増えるのでしょうか。
違うよね。
需要は増えない、変わらないってとこでしょ。
民営化で利益を増やし続けるためには需要増加が必須なのにさ。
そんな中で増やそうとしたらコスト削減、料金引き上げしかないから民営化する意味あるのでしょうか。
たしかに自治体側の負担が減るでしょう。
でもね、この負担は自治体以外の誰かが負担するしかない訳です。
我々国民の負担になるだけですね。
蛇口をひねるとジュースが出るとか、ビールが出るとか(笑)
ガス栓を開けると芳香、消臭効果のあるガスが出るとか(笑)
今は、何でもかんでも需要不足なんですって。
民営化すれば効率は上がるでしょうよ。
無駄を削減するだろうし。
でもね、大震災みたいな災害に備える代替設備とか備蓄って必要でしょ。
普段は無駄だが、災害時は助かる。
これが出来るのは民間じゃないよ。
フィリピンの台風被害見ても国土強靭化は必須ですからね。
物資が被災者に届かない。
代替路の確保やヘリポート、衛生管理への備え、緊急時の燃料供給手段、避難場所の確保などなど
、衛生用品の備蓄、燃料備蓄、食糧備蓄、これらの輸送路として代替路、普段は不要で使われない道路、林道は一見無駄に見えるでしょう。しかし防災減災に真剣に取り組むなら効率が悪かろうがやらなければいけない。
とにかく水、ガス、電気は生命維持に必要なライフラインです。
民間に全て任せていいのでしょうかと思う訳です。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-11-17 17:43 | 時事ネタ
今日は紅葉終盤なので写真でも撮影しに出かけてきました。

a0028803_23132849.jpg
a0028803_23134263.jpg
a0028803_2314962.jpg


ま~こんな感じで・・・

そしてコレ
a0028803_2315348.jpg


小さな沢の写真なんですが、中央付近に渓流魚が写ってます。
釣りて~
でも禁漁なので写真だけです。
泳いでいるのは見えたんですが、見失ったので闇雲にシャッターを押した結果、偶然写ってました。

紅葉の方は、終わりぎみでした。
日陰には霜、路肩の水は薄く凍ってました。

冬の足音です。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-11-09 23:18 | カメラ
●三木谷氏、政府会議辞任を表明 薬ネット販売制限めぐり

楽天の三木谷浩史会長兼社長は6日、都内で記者会見を開き、政府の産業競争力会議の議員を近く辞める意向を明らかにした。
厚生労働省が市販薬(一般用医薬品)のインターネット販売で、劇薬など一部の市販薬のネット販売を制限する方針を決めたためだ。

 三木谷氏は会見で「立法されれば、不本意ながら辞任させていただく」と語った。
厚労省方針のまま、薬事法改正案が国会に提出されるかを見極めて、辞任時期を判断する。
楽天グループの医薬品販売会社などを通じ、今後、訴訟で国と争う方針も示した。

(記事ここまで)
ひさびさに「何だかな~」って気にさせる記事です。

なぜかって?

だって自分の企業にメリットがなければ辞める。
政府を相手に訴訟してでも争う。

ですよ。

民間人ですよね。
選挙で民意を背負った人じゃないでしょ。
よく規制緩和しろとか言って、規制緩和に批判的な立場の人を既得権益と呼んでレッテルを貼りますよね。
この人も十分、既得権益を露骨に求めているのではないか。

と思いますけどね。

そもそも民間人が政府の法案決定に加わるのかって。
意見は聞くだろうが決定には加われないのが常識です。
ましてや決定が思い通りにならなければ産業競争力会議を辞退するとまでいう。
我がままでしょ。
だから産業競争力会議なんてろくなもんじゃない。
だってかなり偏っているように見えるもの。

政治家は国民の意思に反する事をすれば選挙で落選させられ責任を取る。
しかし、民間企業の民間人が相手では、誰も責任を取らせられない。

国民に対して、責任を取らない人が国民が遵守する法と言うものを左右するようでは民主主義ではない。
議会制民主主義を否定しているのと同じでしょう。


と、思った訳ですよ。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-11-06 22:22 | 時事ネタ