ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日の報道番組はいい感じ。
いつもの腐っている某番組ではないからですけどね。

海外から日本企業の工場が国内回帰に動いているとの話です。
2014年4月に開始された「生産性向上設備投資促進税制」です。
生産性を向上させる設備投資すると最大5%の税額控除が適用出来る税制措置ですね。
この税制を後押ししたのが、円安効果でしょう。
安倍政権の第三の矢は愚策揃いですが、この税制措置は効果的でしょ。
国内に投資すると言うことは、国内の雇用の安定にもつながります。
かつ、企業にとっても減税の恩恵を受ける。
単純な法人税減税するくらいなら確実に国内の経済に効果がある設備投資促進税制が良い。
法人税減税なんかやめて設備投資促進税制の税額控除率を引き上げた方がいい。
単に法人税減税しても海外に投資されてはダメでしょ。
今は、国内経済の立て直しがやるべき事です。
外国との競争力が・・・なんて言っている場合じゃない。
デフレが進行している。
海外企業との低価格、低賃金競争などしている場合じゃないさ。

ま~、安倍政権も良い決断もやっている訳です。
第三の矢、産業競争力会議、企業のみ優遇のグローバリストはいらない。
今回のこの税制措置は企業にも国民にも良い結果を生むでしょう。
企業と国民のどちらか一方に偏ってはダメで、法人税減税は企業寄り、民主党政権みたいに、ただバラまくだけの国民寄りでもダメだろう。
他にも様々な企業が国内回帰してきているそうだ。
そして、社員の制服の見直しも始まっているらしく、人材が好む制服を目指して人材確保に走りだしている企業が出てきている。
良いことじゃないか。
[PR]
by thkflyfisher | 2015-02-06 23:29 | 時事ネタ | Comments(0)
今日の報道番組
「次は来日中のピケティー氏のインタビューです」
CMに入る
・・・
CM開け
「ピケティー氏に行く前にちょっとだけ・・・」
と言い、何をやるのか?

国会での話でした。
民主党の前原氏が「日銀の国債買い取りができなくなったら、どうするんですか」
「国債が暴落したらどうするんですか」
それに呼応する形で報道番組のキャスターが
「外国人が日本売りを始めたら大変な事になりますね~」
だってさ。

このちょっとだけの話、必要でしたか?
何が言いたいんでしょう。
そもそも、日銀が国債を買い取れなくなるって、どうゆう状況を指しているんでしょうね。
そして「お金を刷って」ってフレーズも多用してましたよね。
何言ってるんでしょうね。
現在の金利は0.3%前後でしょ。
史上最低の低金利です。
1%にも満たないんですよ。
金融緩和しているのに。
国内の金融機関も貸し出す先がないから国債で運用するしかない訳でしょ。
そもそも長期金利って国内で消化しているんじゃない。
9割以上が国内ですよ。
外国人が日本売りしたら大変だ!なんて言ってますが、外国人は短期に手を出している。
金利と言えば長期金利を指すのだから、何言ってんだか、このキャスターは!
国内の金融機関も短期のマイナス金利ですら買おうとしている。
金利をもらうのではなく払ってでも買うと言っている。
そして手持ちの国債は日銀に売りたくないとも言っている。
どうせ、売っても運用先は国債しかないんだから、あたりまえ。
日頃から公共事業を控えて緊縮しろと主張しているキャスターですよね。
民間の資金需要が無いって事は投資する仕事が無いってこと言ってます。
こんな状況で仕事(需要)を創出できるのは政府しかない。
民間は利益を追求するのが当たり前なんだから。
つまり、政府が公共事業などで金を使わないと国内に需要が生まれません。
仕事ができれば企業も資金を調達しなければいけない。
そこで銀行からの融資が始まるんじゃないの。
緩和はダメだ、公共事業もダメだと言っているのでは何も解決しませんよ。
だからバカな民主党とキャスターにあきれるしかない訳です。
そして、やっとピケティー氏登場する。
ピケティー氏は金融緩和にだけ頼っている政策はダメだと言う。
「ごもっとも」
だから財政政策が必要なんでしょう。
つまり公共投資です。
第一の矢としての金融緩和、第二の矢としての財政政策
いいじゃない。
第三の矢は愚策しかないけどね。
重要なのに。
ま~いいや。
そんでキャスターの質問は実質賃金が上がらない事に向いていく。
いやいや、だから公共事業でしょ。
土木、建築業界が人手不足なのは政府の調達価格が安いからだろ。
これを引き上げれば人も金も回る。
実質賃金上昇に向かう訳だよ。
日本は地震、台風など自然災害の集中する国家なんだから。
世界に占める日本の面積は1%にも満たない0.25%だっけ?
それなのに世界で発生する地震の20%が日本に集中しているんじゃなかったっけ?
しかも台風の通り道、火山帯が縦横無尽に存在し、山からいっきに海に流れ落ちる河川。
高度経済成長期に建設されたトンネルや橋梁、耐用年数50年経過してしまってる。
大がかりな補修や建て替えが急務なのに。
何か、この番組を見てるとやらなければいけない事に対して、それを実現する方法を否定する。
訳がわからない番組ですよ。
と言いながら毎日、見ます(大笑)
怖いもの見たさってあるでしょ。
いっしょです。
ハイ

近いうちに前出の第三の矢、成長戦略に対する記事でも書こうか。
規制緩和、移民政策あたり。
人手不足や人口維持のための移民政策って何だよ。
完全雇用になってないのに外国から低賃金の労働力を入れるって、その低賃金の人たちと競争しなければ
いけなくなるって事は確実に低賃金労働しなければいけない。
実質賃金をさらに引き下げようとする政策でしょ。
政府の調達価格を引き上げれば人手不足は解消されるさ。
そして人材の取り合いになるから賃金も上がる。
なのに規制緩和して雇用を危ういものにしたり、移民政策で外国人引き入れようとしたりするし。
規制緩和を訴えている某民間人がかかわる○○会議なる活動している人の中心人物なんてさ
民間の正規雇用サラリーマンが最大の既得権益だと言っているようなもんだし。
そう言いながら裏(裏じゃないけど)では人材派遣事業の会長やっている訳です。
腐ってるよ。
移民政策についても・・・
あ~、次回にしましょ。
ではでは。
[PR]
by thkflyfisher | 2015-02-04 23:38 | 時事ネタ | Comments(0)